ゆたぼんの父親が消えたってどういう事?気になる親子関係を検証してみた!

未分類
この記事は約5分で読めます。

ゆたぼんさんは小学3年生の時から不登校になって、それ以来ユーチューバーとして活動されていますね。

でも少し前から、父親に対して反抗期になり、少しずつ学校にも行くようになったみたいです。

そんなゆたぼんのお父さん、最近あまり見かけなくなった気がするのですが、「消えた」という噂も・・。

どういうこと?気になったので検証してみることにしました!

 

Sponsored Link

【消えた】ゆたぼん父の現在は?気になる日常の活動等を検証!

いつの間にかゆたぼんさんももう中学3年生。今後の進路について、先生とお母さん、そして本人の三者面談が行われたとの事。

その記事の中で、ゆたぼんさんはこう語っていました。

「親父はまたどこかに消えました。まぁそれはどうでもいいんです。今は進路が大事ですから!人生は勉強や!」

引用元:YAHOO!ニュース

どこかに消えた・・。

気になりますね、どこに消えたんでしょうか。

ゆたぼんさんは「どうでもいい」みたいですが、私は気になります。

仕事が忙しいのかな?

ゆたぼんさんの父、中村幸也さんはウィキペディアで「政治活動家、著述家、実業家」と紹介されています。

でも、最近の具体的な活動内容はあまり伝えられていないようです。

まさか、遊び惚けているとか・・!?

気になっていたら、その数日後にいったん帰ってきたとの事。

「この寒いのになぜかまた【アンパンマンアイス】を買って久しぶりに帰ってきたと思ったら、またどこかへ消えた親父。まぁそれもどうでもいいんです。どうせそのうち帰ってくるのですから。」

引用元:日刊スポーツ

まあ、「消えた」と言ってもちょくちょくは帰っておられるようです。安心しました。

それに、Xやインスタなどはたまに更新されているようですね。

インスタでは、美味しかった食事の投稿をよくされているみたいなので、食べる事がお好きなようですね!

 

Sponsored Link

ゆたぼんが【父親がどこかへ消えた】ことを強調する理由とは!?

なぜゆたぼんさんは、「どうでもいい」と言いながらもわざわざお父さんの不在を表に出すのでしょう。

どうでもいいなら、わざわざ言わなくてもいいんじゃないかな?と思うのですが。

考えられる理由としては、父親に反抗して自立していくゆたぼんさんを応援する人たちに対してのアピールなのではないか、と。

ゆたぼんさんが不登校になったのは小学3年生になった時で、まだ幼く、学校に行きたくないという本人の気持ちはあったにせよ、それを後押しして学校に行かせなかった父親の責任も大きいという声は多いようです。

ユーチューバーとして活動していても、「父親の操り人形」などという意見もあったりして、そういった声を払しょくし、

俺は自分の意思で生きてますのやで!

という思いを伝えたいのではないのでしょうか。

 

Sponsored Link

ゆたぼんは反抗期で【消えた】父親と仲が悪いのは本当?

父親に反抗し、逆に学校に通うようになり、将来を真剣に考えるようになったゆたぼんさんを応援する声がある一方、一連の流れに懐疑的な声があるのも事実です。

私個人の意見としては、まあ仲は悪くないんじゃないかな、と思いますね。

仲が悪くなったとしても、一時的なものに過ぎないのではないかと。

そう思う理由として、ゆたぼんさんの育った家庭環境って決して悪いものではなかったんじゃないかと感じるからです。

特に親子関係が悪いと、人間関係が上手くいかないことってあると思うんですよね。

まあ、私がそうだったんですが・・。

ゆたぼんさんが不登校になった理由は、「宿題をしてこなかったことを先生に怒られた」ことがきっかけであって、同級生からいじめにあったとかそういうことではないようです。

今も、たまに行く学校でも友達はいるし、嫌われたりとかはない、と。

たま~に行く学校で、おそらくアンチなんかも多い気もするのですが、そんな中で仲間はずれになって、

「やっぱり学校は嫌だ」

となるわけでもなく、ちゃんと友達をつくれるのだからすごいじゃないですか。

それに昨年、お二人はゆたぼん号で137日間の旅をしています。

この旅で、親子の絆は一層深まったのではないでしょうか。

実際、ゆたぼんさんのどこからどこまでが自分の意思で、ビジネスなのか詳細は分かりませんが、まあいいんじゃないですか?

ゆたぼんさんが学校に行き、進路を真剣に考え始めた事で希望を感じている方々も多いようですし。

ゆたぼんさんが話題になることで、中村家も助かっているはずですから。

それにしても世の中にはいろんな家庭があり、いろんな親子がいて、いろんな生き方があるものだなと改めて感じた次第です。

Sponsored Link

コメント